大人教 >研究活動テーマ

大阪府人権教育研究協議会

2017年度 研究活動テーマ

子どものくらしに 深く学ぶ ~地域とともに 学校をつくる~

 
子どもたち一人ひとりの存在を受けとめ、大切にしている思いや願いから教職員が深く学ぶことから、くらしでつながる仲間づくりを基盤にして、人権・部落問題学習のとりくみを進めていくことが求められています。
くらしとは、生活やくらしぶりのみを表すのではなく、保護者のおいたちや育ち、またそれらに影響を及ぼす社会の価値観や社会の課題までも含むものです。くらしに学ぶのはわたしたち教職員であり、深く学ぶということは子どもを通して人権課題と向き合い、自分自身の生き方を問い返すことに他なりません。
地域の思いや願いをしっかりと受けとめるところから学校づくりをすすめ、子どもたち一人ひとりが自分の未来をしっかりと切り拓くことのできる学級づくり、学校づくりを進めていきましょう
2017年05月01日更新